豆まき 由来 子供向け

ゆーままゆーまま

こんにちは。読み聞かせをしていると危うく夢の世界へ誘われるゆーままです。

2月に入るとすぐやってくる節分。豆まきをしたり恵方巻を食べるご家庭も多いですが、小さいお子さんがいる方の中には、節分にちなんだ絵本を読みたいなと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も子どもがいるので、次の節分にはぜひ節分の絵本を読んであげたいなと思っているのですが、節分にちなんだ絵本ってどんな種類があるのかあまり知りません。

そこで子どもの年齢に合わせた節分の絵本が知りたいと思い、節分にちなんだおすすめの絵本を徹底的に調べましたので紹介します!

お子さんに節分の絵本を読んであげたいと考えている方は必見ですよ!


スポンサーリンク

各年齢でどんな絵本を読ませたらいいの?

節分 絵本 おすすめ 童話 童謡 お話 由来 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 人気 読み聞かせ

一言で絵本と言っても様々な種類がありますが、絵がメインのものや文字が多いものもあり内容も様々です。ですので、お子さんの年齢に合わせた絵本を読んであげるとお子さんも内容が分かりやすく、絵本を楽しむことができます。

そこで節分の本を選ぶ時には、次の点に注意して絵本をセレクトしてあげましょう。

1-2歳の子供向けのお話

絵本に触れ始めたばかりの1歳から2歳のお子さんには、しっかり絵本を読み聞かせしてもつまらないかもしれません。そこで、童謡付きなどの絵本で歌や動作をつけながら読んであげるとお子さんも絵本を楽しむことができます。

ゆーままゆーまま

お子さんが一生懸命楽しそうに踊ったり歌う姿はとても可愛らしいですよ。

3-4歳の子供向けのお話

3歳近くになると絵本の内容を理解できるようになるので、読み聞かせを楽しむことができます。ですので簡単でも良いのでストーリー性がある絵本がおすすめです。

また、幼稚園や保育園に通い始めるお子さんも多く、家族以外の人とのかかわりも増えてくるので、友達との接し方なども学べる絵本を選んでも良いですね。

5歳以上の子供向けのお話

5歳というと学年で年中から年長に当たるので、読み聞かせから1人でも絵本を読めるようになる子も多くなります。ですので少し長いストーリー性のある絵本でもすんなり読めてしまいます。

バリエーションも豊富なので、自分で考える絵本や楽しく読める絵本など様々な絵本を用意して、お子さんに意見や感想を聞いてみても良いかもしれません。

 

このように、年齢によって絵本を選んであげると、お子さんも節分にちなんだ絵本を楽しむことができます。もちろん節分を問わず、他の内容の絵本でも紹介させて頂いたポイントは有効です。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【年齢別】節分の由来がわかるおすすめの絵本!童謡付も

年齢別で絵本を選ぶ時のポイントを紹介させていただきましたが、日本の伝統行事である節分の由来をお子さんに説明するのって難しいですよね。

子どもが好奇心旺盛なのは良い事なのですが…。

ゆーままゆーまま

「何で節分ってあるの、ねえ何で?」の嵐にヘトヘトになってしまう事も無きにしも非ず。

絵本を使って節分の由来を教えられたらお子さんも楽しいのですが、節分の由来が分かる絵本が分からない…。

そこで、節分の由来が楽しく理解できるおすすめの絵本をご紹介します!

1-2歳児向け!童謡付で幼児も楽しめる絵本はこちら

1歳から2歳のお子さんであれば、節分の由来を説明できる絵本より、節分に慣れ親しんだり楽しむことができる次のような絵本がおすすめです。

おにのぱんつ

「おにのパンツはいいパンツ♪」で有名な「おにのパンツ」を絵本化しています。愛らしいオニと動物たちが歌を楽しく表現しています。ページをめくりながら歌えて楽譜も付いてます。お子さんも喜ぶこと間違いなしです!

3歳以上向け!節分の由来も説明できる絵本はこちら

ストーリーが分かるようになる3歳以上のお子さんであれば節分の由来を説明できる次のような絵本がおすすめです。

きせつのぎょうじえほん

節分に豆まきをする理由や節分の由来をはじめ、他にもひな祭りに人形を飾る理由やお花見をする理由など、季節ごとの行事の由来が分かる絵本です。お子さんと一緒に日本の伝統行事を勉強したい方にもおすすめです!

鬼といりまめ

節分に豆まきをするようになった由来を説明してくれる絵本です。この絵本ではひとつの物語を軸に、なぜ豆を「鬼は外」と言いながら外にまくのかが分かります。

せつぶんだまめまきだ

節分の意味や、豆まき以外の節分におこなうことを、暖かみのある絵で解説してくれる絵本です。お子さんの疑問解決だけではなく、大人にとっても節分をしっかりと学べる絵本になっていますよ。

このように、節分の由来を紹介してくれる絵本はたくさんあり、お子さんも理解しやすい内容になっています。ぜひ参考にしてみて下さいね!


スポンサーリンク

 

【年齢別】読み聞かせするなら!おすすめの節分の絵本

節分 絵本 おすすめ 童話 童謡 お話 由来 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 人気 読み聞かせ

節分の由来を説明できるおすすめの絵本を紹介させていただきましたが、節分にちなんだ絵本は他にも沢山あります。

そこで、読み聞かせにおすすめの絵本を年齢別に紹介します!

1歳児・2歳児におすすめの絵本はこちら!

1歳から2歳のお子さんであれば、一緒に歌ったり絵を楽しめる次のような絵本がおすすめです。

まめのかぞえうた

数を数えるたびに豆が成長していくかぞえ歌の絵本です。お子さんと一緒に数えてみても楽しいですね。節分の夜、豆まきをしたあとに家族みんなで読みたい絵本です。

3歳児・4歳児におすすめの絵本はこちら!

絵本の内容が分かるようになる3歳から4歳のお子さんは、次のような絵本がおすすめです。

おにはそと

可愛いちび鬼が人間の子どもたちと仲良く遊ぶところに、鬼の親分がちび鬼を連れ戻しに着ますが豆まきに降参してしまいます。心が和む楽しい絵本で、鬼が怖いというお子さんにおすすめの絵本です。

まめまきバス

可愛いバスくんとねずみたちが活躍する人気シリーズで、最後にはおいしそうな恵方巻も登場します。楽しい節分を過ごせる1冊ですよ。

5歳児以上におすすめの絵本はこちら!

自分で絵本を読めるようになる子もいる5歳以上のお子さんには次のような絵本がおすすめです。

ないた赤おに

友情の美しさと孤独の哀しみを描いた童話の傑作の「ないた赤おに」。節分にちなんで読み聞かせをしてみてはいかがでしょうか?

せつぶんセブン

節分の意味や由来が物語を楽しみながら理解できる愉快な絵本です。人気の行事ヒーローシリーズ第3弾なので、他のシリーズも合わせてよんでみても良いですね。

ここで紹介させて頂いた絵本の他にも、節分にちなんだ絵本はたくさんあります。お子さんの年齢に合わせて絵本をチョイスして、読み聞かせを楽しんでみてくださいね!

【まとめ】節分の絵本

ここまで節分にちなんだ絵本について紹介させていただきましたが最後にまとめです。

1.年齢別に合わせた絵本の選び方のポイントは

  • 1-2歳・・・童謡や歌付きの絵本
  • 3-4歳・・・ストーリー性のある絵本や、友達との接し方が学べる絵本
  • 5歳以上・・・ストーリー性があり、自分で考える絵本や楽しく読める絵本

2.節分の由来が説明できる絵本のおススメは

  • 1-2歳・・・由来を説明する絵本より、歌や童謡で節分を楽しめる絵本がおすすめ
  • 3歳以上・・・由来を楽しく説明してくれる絵本がおすすめ

3.節分の読み聞かせにおすすめの絵本は沢山あるので、お子さんに合ったものを選ぼう!

節分にちなんだ絵本は沢山あり、内容も実に様々です。お子さんの年齢に合わせた絵本を見つけて、お子さんと一緒に絵本を楽しんで、お子さんと一緒に節分を楽しんでみてくださいね。


スポンサーリンク